最新のお知らせ

2023/1/9   直近の臨時休診予定は、3/14(木曜日)、4/1(月曜日)、4/6(土曜日)となります。3/14休診の代わりに、3/13(水曜日)午前8:30-11:30を一般外来日として診療いたします。ご迷惑をおかけし大変申し訳ありません。何卒宜しくお願い致します。

 

当院での診療内容について

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、アトピー体質(乾燥しがちな肌・アレルギー素因)を持った人に環境からの刺激が加わって、慢性的に湿疹を繰り返す病気です。症状が強い時期には強弱のステロイド外用剤や内服薬を組み合わせて炎症をしっかり抑えるリアクティブ治療を行い、症状が治まってからは適切な保湿スキンケアと維持期の外用剤を用いて炎症を再燃させないようにするプロアクティブ治療を行います。プロアクティブ治療では、ステロイド以外の外用薬も用いて、ステロイド外用長期化に伴う皮膚の副作用が出てこないように行いたいと思います。稀に悪性リンパ腫がアトピー様の見た目をとることがあり、典型的でない場合は皮膚生検で検査を行います。

乾癬

乾癬(尋常性乾癬)は赤い発疹の上に、フケのような皮むけが起こりポロポロ落ちる慢性の皮膚病で、痒いこともあります。現在かなりのスピードで病態の解明が進んできている分野で、様々な治療法があります。全身どこにでもできますが、体幹・腰・両下腿などに好発し、頭部や臀部は難治です。日光は良いとされ、適度な日光浴がおすすめで、紫外線治療にもよく反応します。当院では、外用・内服・紫外線治療を行っております。重症の場合は生物学的製剤という注射も適応ですので、近畿中央病院をふくむご希望の総合病院へご紹介いたします。

にきび

にきびは、毛穴に皮脂や汚れがつまり、アクネ菌という菌が増殖し炎症がおこることで生じます。毛穴のつまりやすさや炎症のおこしやすさという体質や年齢的な要素が影響する、自己免疫性の炎症の要素がある疾患です。基本的なスキンケアや規則正しい生活で症状を抑え予防することも大切です。にきびは顔以外の背中や胸などできます。治療は外用薬や内服薬、漢方を組み合わせて行います。下記サイトもお役立てください。 【サイト名】ニキビ一緒に治そうProject 【URL】https://www.maruho.co.jp/kanja/nikibi/

小児診療

お子さん歓迎しております。子供はオムツかぶれ、脂漏性湿疹、蕁麻疹、乾燥性湿疹、いぼ・水いぼ、とびひ、ウイルス性の皮疹、虫刺されなど様々な皮膚トラブルが出ることがあり、急に悪くなることがありますが、治療を行えば早く反応することも多いです。とびひは伝染性膿痂疹といい、湿疹を掻き壊したことから、細菌が皮膚に感染し、水ぶくれやかさぶたができ経皮的に広がっていく疾患です。湿疹治療と併せて抗生剤の内服や外用が必要です。水いぼは伝染性軟属腫といい、伝染性軟属腫ウイルスが皮膚で増え体や四肢に直径1mm~5mmのぶつぶつができます。自己免疫で治るのでほっておくという指導もありますが、数が増えてしまうことが多いので、個人的には、数が少ないうちに治療する方が良いのではと考えています。診察では軟膏の塗り方、保湿含めた普段のケアの方法なども併せてお伝えしています。ベビーカーはそのままエレベーターで2階皮膚科へお上がりいただけます。オムツ替え台も1F眼科のお手洗いに準備があり、ご利用いただけます。

院長ご挨拶

当クリニックは、小さなお子様からご年配の方までお越しいただける、保険診療中心の地域に根ざしたクリニックを目指しています。ありふれた皮膚疾患だけでなく、その中にある珍しい疾患まで、皆様のお役に立てるよう診療をしたいと思います。できるだけ不安なく受診いただけますよう、『分かりやすい説明』、『親切で丁寧な対応』を心がけます。ちょっとした皮膚のトラブルでもお気軽にご相談ください。小さなクリニックでご不便をおかけすることもがあるかと思いますが、どうぞよろしくお願い致します。

院長

小野 さち子

アクセス情報

〒662-0832 兵庫県西宮市甲風園1丁目13-5 2階

電車でお越しの方

阪急電鉄神戸線西宮北口駅 北西出口より徒歩4分
はまキッズインターナショナル向い

自転車でお越しの方

当院専用駐輪場の用意がございます

お車でお越しの方

当院専用駐車場はございません。近隣のコインパーキングをお使いください